ROLO FARM
www.rolo-farm.jp

About


ROLO FARMの由来
ROLO(カナ読み→ロロ) ロロ(漢字読み→くちぐち)
ROLOの「R」と「L」の意味

“R”→Right
”L”→Left

ROLO FARMが右(Right)から左(Left)へと口々に広がって欲しいという想いを込めました。


MEMBER


若生潤
JUN WAKO

平成2年生まれ。国際武道大学卒業。在学時、交換留学制度でアメリカ、オレゴン州に1年間留学。卒業後、鹿児島県の農業生産法人に就職。2014年に仙台市泉区でROLO FARM設立。新しい農業の形を日々模索し、地元の活性化を目指し活動中。

早坂翼
TSUBASA HAYASAKA

平成2年生まれ。明成高等学校卒業。仙台市泉区根白石の堂所 地区出身。実家で水稲を中心に栽培するかたわら、 ROLO FARMのスタッフとして働く。代表とは同じ中学校の同級生。趣味はサッカーで目標は稼いでプレミアムリーグを生観戦すること。

齊藤航大
KODAI SAITO

平成2年生まれ。千葉県東金市出身。国際武道大学卒業。大学卒業、千葉県内の中学校で3年間体育教師を務め、2016年4月からROLO FARMのスタッフとして働く。代表とは同じ大学の同級生。大学時代からバスケットボールのコーチ業に命を注ぐ熱き男。

若生学
MANABU WAKO

昭和10年生まれ。80歳を超える今も造園業を営む。7人兄弟の先祖代々の長男として生まれ、幼い頃から農業に従事。若生 家8代目、代表の祖父にあたる。普段は無口だが、農業に対する熱い想いは誰にも負けない。

若生トミコ
TOMIKO WAKO

昭和11年生まれ。11人兄弟の末っ子として生まれる。今だに30kgの米袋を運ぶスーパーおばあちゃん。毎日元気溌剌でまったく年齢を感じさせません。代表の祖母。味噌焼きおにぎりを作らせたら右に出るものはいない